ゴールドエクスペリエンス

広島で活動するひと
2016年11月から非公開ブログパーツUL5
<< 新しいターゲットを決めた夜 その5 | main | 新しいターゲットを決めた夜 その7 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
新しいターゲットを決めた夜 その6

 つづき。

2回目のデートの帰り、CHさんは手を繋いで帰った。

親密度が増した。

そんな僕らに試練が。

CHさんは3月末で異動する。広島から居なくなってしまうのだ。


人影のない公園で、CHさんにキスしようと顔を近づけた。
そこでなぜか全力で拒否られる(笑)

親密度は増したはずなのに、既婚者であるにはキスする権利は与えられていないのだという。

CHさんは怒って帰ってしまった。


今日は2月14日。CHさんは3月末で異動する。
CHさんは怒って帰ってしまった。僕たちにまだ可能性はあるのか。


後日、再度の食事に誘った。

「サッカーさんと二人で会うことはもうやめておこうと思います。」

メールで拒否される。

可能性はないのか。。。。


CHさんと過ごした時間を思い出してみる。
は本当にCHさんのことが好きだったようだ。

CHさんが好きだったFUNKY MONKEY BABYSの名曲が頭のなかでリフレインする。


もう君がいない

いっそのこと忘れたい こんなにも切ないから
涙溢れ 瞳閉じれば
今でも君の笑顔 今でも君の香り
こんなにも大好きだったなんて

夕暮れの駅のホーム2人すみっこのベンチにすわり
君が乗るはずの電車を何本見送ったんだろう
僕はうつむいたまま 君の涙に気付いていたから
「さよなら」するのが怖かった
その右手を離せなかった
最終電車のベルが鳴り響いて 君は急に立ち上がって
無理して作った笑顔で「今までありがと」って言った
顔を上げたら 走り去ってく小さな背中 
行き場を失った左手はさみしく震えてた

いっそのこと忘れたい こんなにも切ないから
涙溢れ 瞳閉じれば
今でも君の笑顔 今でも君の香り
こんなにも大好きだったなんて

いつからか心二人すれ違い 楽しかったあの頃嘘みたい
夢みたいに過ごした毎日の中でずれていったタイミング
もうあの頃に戻れないの 見慣れたはずの景色さえも
Woo 少し何かが違う 思いがにじんで 涙が出ちゃう
車の中や街の中や 一緒に過ごした部屋の中
歩んできたいろんな季節を これから独りだけで見てくの
大切な気持ちや想いで 頭の中巡る思い出
いつもの隣 僕のそばに もう君がいない

まだ忘れられない そこに君はいないのに
涙溢れ 瞳閉じれば
今も君のすべてを体中が覚えている
誰よりも僕を愛してくれてた

ねぇ君は今頃 どこの空の下を歩いているの?
どんな人と出会いながら どんな日々を過ごしているの
ほんとは君の幸せを 僕は願うべきだけど
ごめんね まだそんなに強くなれない

いっそのこと忘れたい こんなにも切ないから
涙溢れ 瞳閉じれば
今でも君の笑顔 今でも君の香り
こんなにも大好きだったんだ

まだ忘れられない そこに君はいないのに
涙溢れ 瞳閉じれば
今も君のすべてを体中が覚えている
誰よりも僕を愛してくれてた〜・・・

つづく。

| | 23:38 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:38 | - | - |
/PAGES | |
手繋ぎしたのだから
接吻もよいではないか。
女心は難しいね。
ここから逆転したら神。
| どもん | 2012/04/18 10:38 AM |