ゴールドエクスペリエンス

広島で活動するひと
2016年11月から非公開ブログパーツUL5
<< 手コキ。 横浜 ラブポーションを体験。 | main | 久しぶりのストリートナンパ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ナ子とその一生

 ナ子が4歳のときに、両親は離婚した。
原因は母親の浮気だった。

ナ子を置いて出ていった母親。
ナ子は父親に育てられる。
まだ若かった父親にとってナ子は邪魔な存在であった。自分の僅かな稼ぎを食んでいいく娘、ナ子。

ナ子が6歳のときに、父親はナ子を捨てる。

父親は自分の母親、つまりナ子の祖母の家の前にナ子を置いた。父親はそのまま姿を消した。
これがナ子が最後に見た父親の姿である。

両親に捨てられたナ子は、児童養護施設に預けられる。

 

児童養護施設での生活は、子供の心を傷つける。

施設では、「可愛く振舞って、好印象を持たれる。」ことが大事であった。

可愛く振舞えば、裕福な里親にもらってもらえる。

 

児童養護施設には定期的に子供を欲しがっている里親がやってくる。
里親は、集団で生活する子供たちを見渡して、そのなかから3人の子供を選択する。選択された子供は里親と食事に出かける。
3人のなかから、一人だけが里親とともに生活する権利を得られるのだ。


ナ子は無事に里親にもらわれ、何不自由ない生活を送っていた。


ナ子が中学生になったとき、突如として実の母親がナ子を連れ戻しにきた。
ナ子は実の母親と一緒に暮らせることを喜んだ。


ナ子は嬉しかった。

しかし、母親はすぐに新しい男と再婚し、その男に夢中になった。
その男は、ナ子にも手を出した。大嫌いだったその男に処女を奪われたナ子はその後、転落するように不幸な人生を送る。

家出したナ子は、学校も行かずに友達の家を転々とする。

16歳の時、ナ子は、背中に般若の彫り物を入れる。
大好きな男のためだった。


21歳の時、ナ子は大好きな男と結婚する。同時に子供の授かった。
このときがナ子の幸せの絶頂だったのかもしれない。
大好きな男は子供を虐待した。虐待に耐えられなかったナ子はすぐに離婚を決意する。

その後のナ子は子供を育てるために夜の仕事を始める。

26歳の時、客だった男と再婚する。
そして、子供の授かった。
しかし、今度は姑にいじめられ、ナ子の精神は崩壊した。
再び離婚したナ子は職を転々としながら、幼い子供たちを育てた。

 

以上が先日は面接した、35歳バツ2の人生である。
面接中、ずっとこんな話を聞かされていた(笑)

最後にナ子の写メを掲載しておく。

モザイク

| 出会い系 | 11:12 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:12 | - | - |
/PAGES | |
いつも黙ってみてましたが・・・
なんか俺も過去に引っかかってメールをしたことがあるような無いような・・・
どこか大きなショッピングセンターで待ち合わせをしたりしました?
| 通りすがり | 2011/08/24 10:51 AM |

>通りすがりさん

広島も狭いですから。。
通りすがりさんがナ子に会っていても不思議ではありません。
| サッカー | 2011/09/19 11:20 PM |

過去記事に失礼します。
何て言うか不幸のサイクルってありますよね。
その人のせいじゃなのに、環境で不幸から抜け出せない人たち。
| | 2012/03/14 4:06 AM |